★TRIFARI

▼TRIFARI( トリファリ )とは?
イタリアのナポリで生まれ、金細工職人、宝石作家であった祖父から仕事を学んびイタリア移民だったGustavo Trifari。1904年米国へ移住し、叔父と会社を立ち上げた後、1912年単独でTrifarri社を設立した。

コスチュームジュエリーの最高峰と呼ばれるTRIFARI/トリファリの作品は、とても作りがよくデザインも豊富で大変人気です。

アルフレッドフィリップが1930年にTrifari社のチーフデザイナーに就任。カルティエやヴァン・クリフ&アペルでデザインをしていた彼は、その経験をいかし1968年までTrifari社に貢献した。

1950年には当時の大統領アイゼンハワーのファーストレディのためにジュエリーを作ったことが、最大の名誉となり、アルフレッドフィリップは、クリスタルに似た、カボションカットをした白っぽいアクリル樹脂を使って、”ジェリーベリー”というシリーズを発表する。このファーストレディーのマミー アイゼンハ
ワーからの注文を受ける事で、トリファリのステータスが確立されました。まさにこれぞブランディングですね。

 

  トリファリ社のジュエリーは、種類も値段も幅広く様々です。のち1975年Hallmark Cards.Inc.に吸収されました。
初期のトリファリ、特にKTFマークの付いたもの、彫の入った淡い色の石が付いたもの、1940~50年代のパベセットがしてありファインジュエリーに見えるもの、ジェリーベリーとして知られている透明なルーサイトを使ったフィギャーは、収集価値の高いものです。


白鳥や鳥、プードル、ペンギンなどの胴体に使ったブローチは現在でも大変高値で取引されています。



マドンナが主演した映画エビータでは、トリファリの”ジュエルオブインディア”というシリーズのジュエリーが使用されており、 1994年にMonetグループに買収されています。


 

 

 

 

▼TRIFARIトリファリコーナーは>>こちら