サファイヤについて

今日は日本人にもっとも人気のあるサファイヤについて...

ラテン語で「青」を意味するサファイヤ。

「神に近い石」と信奉された空よりも海よりも深い紺青の輝き。

サファイヤはブルーと同意語と考えられることが多いようです。

サファイヤ = 海の色 = ブルー
皆さんもそういうイメージが強いのではないでしょうか。
しかしながら、サファイヤはブルーを凌ぐ色々の色があるのです。




ブルー以外のサファイヤは、美しく、ブルーに比べると稀ですが、
一般的に値段は安いです。黄色、オレンジ、ラベンダー、そして
その他、パステル色のものもあるのです。





ではなぜ、ブルー=サファイヤなのでしょう?




何故なら18世紀以前は、ルビーとサファイヤが同じ鉱物とは
思わなかったためと思われます。


中世期以降、宝石のカッティング技術は飛躍的に向上し、
この頃ブルー以外のカラーサファイアの原石にファセットと
呼ばれるいくつもの面を作り出す技術を駆使してカットした
ところ、ブルーサファイアとは違った美しい世界を持つ色石群
であることが発見されたそうです。

中世期ピンクをどちらに区分されるべきかと悩み赤い色以外
の石すべてのコランダム鉱物
をサファイヤと呼ぶことにした
ようです。そして赤い色はルビーと。
そして、美しいカラーバリエーションを楽しむことができる宝石
として、ファンシーカラーサファイアとして総称さるようになりま
した。

中でもオレンジ色とピンク色の中間の色相に輝くサファイヤは
蓮の花の色を意味するパパラチアと呼ばれるように。








世界色石協会(ICA)は、ピンクを確定するのは難しいので、
薄い色合いの赤はルビーの範疇に入れるという決議を通過
していたようです。
実際は、今はピンクはピンクのルビーある
いは、ピンクのサファイヤとしてカテゴリーされています。

どうしてサファイヤが好まれるのか?


素敵な色、透明度だけでなく、耐久性、不変性を宝石愛好家や
専門家がサファイヤに求めた特徴です。サファイヤはモース硬度

と高い硬度を持つコランダムのグループに属しています。コランダム
は地球上で、ダイヤモンドに次ぐ2番目の硬度を持つ鉱物です。



その辺も人気の理由のひとつなのかもしれません。



(これはピンクサファイアです)

ファンシーカラーのサファイヤの産出国の中心は、スリランカ、
マダガスカルそしてタンザニアのようです。
中でも最近注目を浴びているのが、マダガスカル。
産出が始まったのは、もっとも新しく1999年。
つい最近ですよね。
パパラチアが多く産出されているだけではなく、オレンジや
ピンクサファイヤが次々と採れることが判明しているようです。

こういったサファイヤは4~5カラット1千万以上での取引価格
なので、私にはまったく縁のない別世界の話になってしまい
ますが...笑

サファイヤについて、まだまだ話がつきませんが、今日は
この辺で...次回はサファイヤの天然と人工についてお話
したいと思います。
お楽しみに。

jeweldecoで現在扱っているサファイヤの中でおススメなのが
この花のモチーフのリング。


1970年代のものになります。42,300円

商品の詳細jeweldecoへは、こちらから

ランキングに参加中宝石ブルー宝石紫宝石赤宝石緑

 

宝石紫jeweldeco宝石赤

ビンテージジュエリー ジュエルデコ
 http://www.jeweldeco.jp/

海外、主に欧米の良質なヴィンテージジュエリーをご紹介!