サファイアやルビーに天然のものと人工のもの

宝石赤 jeweldeco宝石紫サイト→☆→GO 

以前サファイヤ
ルビー
について少し触れさせていただきましたが、今回はサファイヤとルビーの天然と人工について...

ジュエルデコで扱うサファイヤやルビーなどにも

天然ものと人工ものがございます


ずいぶん昔にその技術は開発されました。まず、最初の合成ルビーが1882年にスイスで開発されました。天然の屑ルビーを溶かして再結晶させたもの
でしたが、1904年にフランスの化学者ヴェルヌイユが火炎溶融法による高品質の人工ルビーの大量生産方法を発明したことで、大量生産できるようになり、
ルビーの価格は相当下落しました。ルビーに遅れること6年、1910年にサファイアが合成されます。100年位前のアンティークにも、この合成の宝石が使
われているものが多くあります。現在も人工ルビーやサファイアの生産は全世界で年間数千トン(250億カラット)に達しています。ここで、人工=偽物と思
うのは大きな間違いで、人工宝石は化学成分としては全く天然のものと変わりません。






つまり
人工宝石=本物なのです。

テスターを使っても差が出ませんし、見分けも付きません。ジルコンをダイヤの代用品として使うのとは全く違うのです。たとえばクレサンベールブランドとし
て有名な日本の京セラは、エメラルド、ルビー、パパラチア、アレキサンドライト、各色のサファイア、スタールビー、スターサファイア、グリーンクリソベリ
ル、オパールなどを全て人工的に合成して作っています。逆に同価格帯では人工の方がより美しく、グレードが高くなると言っても間違いないと思います。ダイ
ヤだけは人工のもので宝飾品に使えるものを作ろうとすると逆に非常に高価になってしまうので、天然が大半です。

天然か人工かは専門機関は別として素人にはまったく見分けが付きません。資産価値として意味がある数百万円、数千万円のものであれ
ば別ですが、実際には市場に流通しているジュエリーの多くには人工の宝石が多く使われていますので、数万円のプライスレンジでは、あえて天然か人工かにこ
だわっても意味がないと思います。Jeweldecoでは、はっきりとバイヤーが「天然である」としたものには「天然」と表記し、逆に「人工である」と分
かっているものには「人工」と表記しています。


ジュエルデコで扱うルビーサファイヤ下記各ページよりをご覧下さい。

■サファイヤ

10Kホワイトサファイアリング

10Kサファイア&ダイヤモンドリング

14K ブルーサファイアリング

14Kピンクサファイヤリング

10Kサファイヤ&ダイヤモンドピンキーリング

■ルビー
10Kルビーリング

14Kルビーペンダントネックレス

14Kルビーイヤリング(ピアス)

14K ルビーピアス 

 宝石赤 jeweldeco宝石紫サイトTop→☆→GO 







宝石赤

ランキングに参加中宝石ブルー







ポチッと御面倒でもいただけたら毎日頑張れます
宝石赤宝石紫アップアップアップアップ
よろしくお願いいたします<(_
_)>


アップアップアップアップ宝石紫宝石赤

QRコード←←携帯はこちらからmobile*携帯携帯電話

宝石紫jeweldeco宝石赤

ビンテージジュエリー ジュエルデコ
 http://www.jeweldeco.jp/

海外、主に欧米の良質なヴィンテージジュエリーをご紹介!