ゴールドの種類について教えて!!

ゴールドは24K(カラット)が純金です。

通常、宝石の重さの単位を示すカラットは0.2グラムのことですが、金の純度を示すカラットは意味が違う
のでご注意ください。24金はそのままでは柔らかくてジュエリーにするのは無理なので、他の金属を混ぜて合金にして使用します。

金の含有率が下がるに従い数字が減っていき、

18金(18K)は75%の純度の金

のことで、

24分の18(75%)が純金

残りの

6(25%)は銀と銅が混ぜられたもの

となります。

純金の度
合いを0.995などのように 0 から 1
の数値で表すこともあります。

実用向きなのはやはり18金。

14金はもっと硬くなりますが、金の純度が低いだけに酸化の進みが早く使用しているうちにやや
赤っぽく変色しますのでレッドゴールドと呼ばれます。ピンクゴールドの場合はさらにいろいろな金属を混ぜるそうです。

ビンテージジュエリーには、10K、
9Kがよく使われております。当時は「偽装問題」もありませんでしたので、金の場合には14K、10Kなどの刻印がほぼ必ず打たれているものは間違いないはずで
す。

ホワイトゴールドは、そもそも第一次世界大戦中にプラチナの価格が暴騰したため、代替品として金にニッケルを混ぜて白くした合金
として開発されまし
た。その後、ニッケルの代わりにパラジウムを使用するようになりました。プラチナ(白金)は1973年にスペインの軍人により南米湖rんびあのピント河で発見され、その白い金属は「プラチナ・デ・ピント(ピント河の小さな銀)」と命名されました。時をへだてて1925年には、南アフリカにおいて鉱山が発見され脚光をあびることとなり、今日至っています。

ホワイトゴールドはイエローゴールドと違って磨いただけで光沢を出すのが難しいた
め、その上にロジウムメッキを施したものが基本です。なので普段見ているホワイトゴールドの色は、ロジウムの色なのです。
が、昨今になってパラジウムが高騰しているため(現在ではほぼ金と変わらない価格)、ホワイトゴールドと称して単にイエローゴールドや赤系のゴールドの表
面に、ロジウムメッキを施したものをホワイトゴールドとして販売しているお店も
たくさんあるそうです。この場合、メッキが剥げると下地のイエローゴールド
が出ます。こういったことは不当表示であると、財団法人日本ジュエリー協会(JJA)が発表しています。

ビンテージジュエリーにはこういうことはあり得な
いことも嬉しい事実です。

ジュエルデコで扱う石無しのイエローゴールドホワイトゴールド

こちら、
1万円台コーナー
 
 
2万円台コーナー

よりご覧下さい。

宝石赤jeweldeco宝石紫サイトTop→☆→GO 







宝石赤

ランキングに参加中宝石ブルー







ポチッと御面倒でもいただけたら毎日頑張れます
宝石赤宝石紫アップアップアップアップ
よろしくお願いいたします<(_
_)>


アップアップアップアップ宝石紫宝石赤

QRコード←←携帯はこちらからmobile*携帯携帯電話

宝石紫jeweldeco宝石赤
ビンテージジュエリー ジュエルデコ
 http://www.jeweldeco.jp/

海外、主に欧米の良質なヴィンテージジュエリーをご紹介!